変動する価値

古貨の金、銀貨の価値

コレクションとして収集した昔の硬貨がどのくらいの価値があるのだろうか。私も古貨を一時期収集したものが結構ありますので、一度査定して貰おうかと考えています。ネットで一通り調べてみたところ、古貨の価値としては年代の古さよりも材質が影響されると聞きます。昔は金や銀貨という材質の硬貨が流通していましたが、これらのような高価値で取引される貴金属材質については一コインに含まれる材質価格が額面金額を超えており、発行すればするほど赤字となってしまいます。 一番新しいところでは昭和30年代に発行された100円銀貨がありますが、この年代では殆ど額面を大幅に超える価格での買取は期待出来ませんが、銀貨という材質から少なくとも1.5倍での買取価格が期待出来るのです。

高価値のある金貨だが流通量が少ない

一方の金貨ですが、最近流通したものでは昭和天皇在位60年を記念して造られた昭和61年発行の10万円記念金貨が記憶に新しいところです。10万円という額面もありますが、希少価値のある金を硬貨とすることで現在においてもコレクターとしては高い人気を誇っています。当然ながら額面10万円ともなりますから取引流通量も限られています。 通常に使われた金貨ですと明治から大正にかけて発行されておりますが、年代も古く、希少価値の高さから買取価格も相当の金額となります。

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
Copyright© 2015 腕時計買取業者を活用しYO~ウォッチで小遣いゲッチュ~All Rights Reserved.